HOME > 赤ちゃんも水虫になるって本当?

赤ちゃんも水虫になるって本当?

水虫というと大人の男性がなるものというイメージがありました。
しかし水虫は男性も女性も、子どもも大人も発症するものです。

最近ではブーツを履く女性が多いので、女性の中にも水虫に悩む人は多いようです。
また水虫は赤ちゃんでも発症することがあります。

赤ちゃんが水虫にかかるなんて意外と思われるかもしれません。
しかし赤ちゃんはまだ皮膚が弱く、抵抗力が無いので、皮膚疾患にかかりやすいのです。

大抵は水虫を持ったご両親やご家族から感染することが多く、大人と同様指の間に出来たり、爪に出来たりします。
症状としては皮膚がふやけたり、水疱が出来たりしますが、アレルギー性皮膚炎やガンジタ菌など他の皮膚病と見分けが付きにくいものです。

症状から特定できなければ、一度医師に診てもらうと良いでしょう。
白癬菌が存在すれば、間違いなく水虫です。

赤ちゃんが水虫にならないためには、寝具や衣類を清潔な状態にしておくことです。
ハイハイや伝い歩きをし出したら、色んなものを触ってしまいますから、部屋の中を清潔にしておくことも大切です。

また赤ちゃんはオムツを履きますが、オムツが蒸れることで水虫になることもあるようです。
大人の靴下同様、オムツも蒸れたまま放っておくと、白癬菌が繁殖する温床となってしまいます。

ですからオムツはこまめに取り換えるようにしてください。
最近のオムツは半日取り換えなくても大丈夫なものもあるようですが、油断は禁物です。

赤ちゃんの水虫の治療も薬剤を用いますが、市販薬などでは赤ちゃんには刺激が強かったり、負担となってしまいます。
ですから赤ちゃんが水虫になったら、まずは病院に受診し、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。