HOME > 水虫になる原因

水虫になる原因

水虫になる原因は白癬菌と呼ばれるカビです。
白癬菌が人間の皮膚の角質層内に侵入すると増殖し、寄生すると水虫になります。

大抵水虫というと足に出来るものという印象がありますが、足に限らず皮膚が存在する場所ならどこにでも出来る可能性があります。
それに白癬菌はケラチンと呼ばれる物質を好み、皮膚以外にも爪や髪の毛などにもケラチンは含まれるので、白癬菌が繁殖しやすいというわけです。

ですから足以外にも手や爪、頭部、体にも白癬菌は感染します。
それでも水虫になる人のおよそ9割は足に感染するわけで、まずは足を清潔にしておくことが予防のポイントといえるでしょう。

何故足に感染する人が多いかというと、私たちは普段靴を履きます。
靴の中は高温多湿で白癬菌が増殖しやすい環境ですので、水虫になりやすいのです。

以前は水虫というと男性が発症するものというイメージがありました。
これは女性よりも男性の方が社会で働く人の割合が多く、普段から革靴など蒸れ易い靴を一日中履いていたために、発症率が高かったのでしょう。

しかし最近では女性でも水虫になる人が増えています。
これは女性の社会進出の機会が増え、さらにオシャレのためにブーツを履く女性が増えたことも、女性の水虫感染率を上げた要因といえます。

水虫は感染率が高く、水虫になった人の皮膚から剥がれ落ちた角質には白癬菌がしばらく生息しています。
よく水虫の人の家族も水虫になりやすいと言います。

これは水虫の人が住んでいる家の中には白癬菌が生息している角質(垢)がどうしても付着してしまうからなのです。
この角質を同居している家族などが素足で踏んでしまうと、水虫に感染しやすくなるのです。

しかし水虫というのは、白癬菌が皮膚に付着したら直ちに発症するものでもありません。
よく白癬菌が付着してから24時間皮膚を洗わないと水虫になると言われますが、普段からこまめに手足を洗う習慣を付けていると水虫にはなりにくいといえます。

白癬菌が付着した皮膚を洗わずにそのまま放置すると、角質内に侵入した白癬菌が増殖することになります。
ですから最低でも毎日お風呂に入る習慣があれば、水虫に感染するリスクを大分減らすことは可能なのです。

それに白癬菌は皮膚がアルカリ性だと繁殖しやすいと言われます。
正常な人間の皮膚は弱酸性に保たれていますが、汗をかいたり、皮脂や汚れが付着しているとアルカリ性に傾くことがあります。

ですので皮膚についた皮脂や汚れ、汗をしっかり洗い流すことも水虫予防になるということです。
とにかく清潔にしていれば、水虫になる確率をかなり下げることが出来ると理解しておきましょう。

なお、ごぼうには抗菌作用があり、水虫の真菌を抑える働きもあるようですから、ごぼう茶を飲むことで水虫が改善するかもしれません。
おすすめのごぼう茶についてはこちらで紹介されています。