HOME > 水虫は冷やして治す

水虫は冷やして治す

水虫というと不潔な男性がなるものというイメージがありますが、そんなことはありません。最近ではブーツを履く女性が増えたこと、女性が社会進出したことにより蒸れ易い靴を長時間履くことが多くなったため、女性の水虫も実は増えているのです。水虫の原因は白癬菌という真菌の一種ですが、カビ同様湿気を好み、通気性の悪い状態が続くと誰でも水虫になってしまいます。女性に意外と多いのが爪水虫で、最初は痒みを伴わないため放置しがちなのですが、悪化すると爪が黄色く変色したり、原型もないほど爪が変形したり、ボロボロになったりします。ですから水虫の疑いがある場合は早めに皮膚科にかかり、早期に水虫の芽を摘むようにしましょう。さて高温多湿を好む白癬菌ですから、湿度の高くなる春から夏にかけて水虫になる人が多くなります。逆にいうと冬場の乾燥した季節は水虫の症状は一旦和らぎます。ここまで説明して気づいた方もいるかもしれませんが、水虫の原因菌の白癬菌は低温、乾燥に非常に弱いのです。ですから水虫になったら患部を冷水で冷やすというのも意外と効果があります。やり方は簡単で、洗面器等に水を張って氷を入れ、そこに足を痛くなるまで入れて出すという方法を繰り返します。それからなるべく通気性の良い靴や靴下を履くようにし、いつでも足をサラサラな状態にしておく必要があります。こうすることで水虫の症状は次第に和らいでいくはずです。ただし重度の水虫の場合は治療薬を使用するのも忘れないようにしましょう。白癬菌は生命力が強く、剥がれ落ちた皮膚の中でもしばらく生き続けます。ですから冷水治療も根気よく続けることが大切です。床やマットもこまめに掃除、洗濯をして、清潔な状態に保つようにしましょう。