HOME > 水虫を放置するとどうなる?

水虫を放置するとどうなる?

水虫というとひどい痒みを伴ったり、臭いがきつくなるのでなんとか治したいと思うものです。しかし水虫の中には痒みを伴わないし、臭いがしないというものもあります。特に日常生活に支障をきたすような症状が無いので、病院にもいかずつい放置しているという人も少なくないのではないでしょうか。基本的には水虫を放っておいても命を落とすような危険はありません。しかしながら水虫を放置すると日常生活に支障をきたすような重大な疾患を負う危険性もゼロではないことを知っておいた方が良いでしょう。実は水虫が進行すると歩行困難になったり、水虫が原因で足が壊死して切断しなければならなくなった人は存在します。水虫自体は白癬菌が原因で皮膚が剥がれ落ちたり、水疱が出来たり、炎症を起きる、あるいは角質が分厚く固くなる人もいますが、基本的には単なる皮膚病です。しかし水虫が出来ると患部の皮膚は免疫力が落ち、ブドウ球菌などの細菌やウィルスが増殖しやすくなります。その結果膿が溜まってリンパ管が炎症を起こしてしまうこともあり、患部が膨張することもあります。そうすると少しの刺激で激痛が走るようになり、歩くことも難しくなります。さらに血液の流れの悪い方は水虫によって免疫力の低下した皮膚に栄養が行き届かず、患部が腐ってしまうこともなくはありません。特に糖尿病や動脈硬化などの病気を患っている方は気を付けてください。血液の流れが悪く、白血球の働きも弱まっているので、化膿菌を退治することが出来ませんから、患部が壊死してしまうのです。水虫は放っておいても自然治癒するようなものではありません。ですから自分が水虫だと思ったらまず病院にかかるようにしてください。水虫でなければ万々歳、水虫であれば早期発見できて良かったという話になります。水虫は進行しているとすぐに治るものではありませんが、治療を続ければ必ず治るものですから、頑張りましょう。