HOME > 水虫と汗疱の違いは?

水虫と汗疱の違いは?

水虫と良く似た症状の皮膚病に、汗疱と呼ばれる湿疹があるのをご存じですか。汗疱は水虫の出来やすい手足にも出来、間違われやすいのですが、水虫とは違います。汗疱の症状としては1,2mmの小さな水疱が出来るもので、水疱の原因は汗であるとも、アレルギー反応であるとも言われています。汗をかくと皮膚から排出されていくわけですが、この発汗が上手くいかないと水疱となってしまうのです。汗疱は手足だけでなく、顔などにも出来、痛みやかゆみを伴うこともあります。この汗疱が破れて皮膚に湿疹が出来てしまう症状を汗疱状湿疹といいます。一方で水虫は白癬菌という菌に感染することで発症する皮膚病です。多くの場合は趾間型と呼ばれる指の間に出来る水虫が多く、爪や足の甲、足の裏、かかと、手の平、手の甲に出来る人もいます。ただ靴下や靴を履いているため、一日を通して高温多湿になりやすい足に出来ることが多いのでしょう。汗疱については未だはっきりと解明されているわけではありませんが、汗疱と水虫の違いは菌による発症か否かという点でしょう。見た目が良く似ていますが、汗疱は人にうつることはありませんし、転移することも無いので安心してください。汗疱の原因が汗であるなら、汗をかいたらタオル等で拭くようにする、手をこまめに洗うなどしていれば予防出来ます。またアレルギーによるものであれば、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤などを使用することもあります。汗疱の段階では治療をする人も多くはありませんが、心配であれば皮膚科を受診すると良いでしょう。