HOME > 水虫はどうしてかゆい?

水虫はどうしてかゆい?

水虫を発症すると、強烈なかゆみやムズムズ感に悩まされることがあります。
この痒みは水虫の代表的な症状の一つですが、どうして水虫はかゆいのでしょうか。

おそらく水虫の原因である白癬菌が活発に活動しているから、こう思われるかもしれません。
しかし人間が痒みを感じるのは免疫機能の働きによるもので、体内に侵入した異物を攻撃しようと免疫反応が起きているからなのです。

同様に患部が炎症を起こしたり、水疱が出来たりするのも免疫作用によるもので、水虫菌を体の外に追い出そうとして、免疫細胞が水虫菌と戦っているために起こる症状なのです。
また水虫に感染した患部の皮膚がただれたり、剥がれたりしてボロボロになると思います。

これは白血球の中のリンパ球が異物を排除しようと化学物質を分泌させ、皮膚の代謝を促進しようと細胞分裂を活発にさせるために起こる現象です。
このように水虫にかかると強烈な痒み、炎症、水泡、皮膚の落屑などに悩まされますが、これは免疫機能が正常である証拠ともいえます。

逆に水虫が慢性化すると免疫反応も起こらなくなり、免疫機能による水虫菌の駆除が難しくなります。
こうなると水虫を自然治癒で治すことは期待できないでしょう。

薬を使っても中々症状は改善せず、水虫が慢性化してしまうのです。
ですから免疫機能が正常な内に薬剤などを使って、水虫菌を完全に排除すること、これが早期治療のコツといえます。

どうしても痒みがひどくて我慢できないときは、痒み止めの薬なんかもありますし、冷却スプレーなどで患部を冷やすと痒みが一時的に和らぎます。
痒みが引いた後も白癬菌を完全に除去できるまでは治療が必要ですが、根気強く治療を続けていきましょう。