HOME > 子どもが水虫にならないために

子どもが水虫にならないために

水虫は大人がなるものと勘違いしていませんか。大人だけでなく子どもが水虫になる可能性は十分にあります。当然家族の水虫がうつってしまうこともあるでしょうし、外で遊んでいる内に靴や靴下が濡れ、そのまま放っておいて水虫になることもあるでしょう。よくも悪くも子どもは雑菌やウィルスには無関心で、手足が汚れていても大人ほど神経質ではありません。ですから知らず知らずのうちに水虫になってしまった、そういうこともあります。痒みが生じれば子どもも訴えるでしょうが、痒みが無いと自分自身では水虫だと認識できない可能性があります。ですから子どもと一緒にお風呂に入るなどして、子どもの体の変化に気づいてあげるようにしましょう。そうしないと子どもの水虫が悪化するばかりか、感染者を無闇に増やすことになります。逆に気づいていれば、水虫がうつらないようにそれなりに配慮が出来るはずです。子どもの水虫治療も大人同様、市販の塗り薬で行います。子どもは大人に比べて新陳代謝も活発なので皮膚が早く生まれ変わり、大人より治りが早いかもしれません。とはいえ痒みが治まったり、見た目がきれいになっても水虫菌は完全には消えていない可能性があるので、治療は根気強く続けてください。子どもは症状が治まったら治療は止めてしまう傾向にありますから、大人がしっかり指導してあげてください。また水虫は趾間に出来やすいのですが、子どもは自分で足の指の間など細かいところを洗っていない恐れがあります。ですから子どもが小さい内は一緒にお風呂に入って、体の隅々まで洗ってあげるか、洗えるように教えてあげてください。なお犬も水虫になるのをご存じですか。犬の水虫も人間にうつるので注意してください。