HOME > 温泉で水虫に感染しないために

温泉で水虫に感染しないために

温泉は疲労回復や病気治療、リラックスなど健康にも良い効果があります。でも不特定多数の人が利用する温泉ですし、裸足で施設を歩き回りますから、水虫にうつる可能性も高くなりますね。せっかく健康になろうと温泉に行ったのに水虫になって帰ってきては最悪です。では外出しなければ良いのかといえば、それも息が詰まってしまいますね。温泉に限りませんが、こういった不特定多数の人が利用する施設に行く場合、いくつかのポイントを抑えておけば水虫になるリスクを大幅に下げることが出来ますので、是非覚えていってください。こういった施設を利用する際、水虫の感染経路となりやすいのはバスマットやスリッパ、サンダル、そして更衣室の床などですね。これらは裸足で触れることが多いですからどうしても皮膚から剥がれ落ちた白癬菌が付着しやすいのです。この白癬菌が皮膚に付着してしまうと水虫になってしまうのですが、白癬菌が付いたからといってすぐに水虫になるわけではありません。皮膚に付いた白癬菌はおよそ24時間かけて皮膚の内部に入っていくわけですが、この間に石鹸などで足をよく洗い、よく乾燥させておけば白癬菌を死滅させることが出来ます。ですから、温泉に行った後はよく足を洗うようにしてください。どうしてもすぐに足を洗える環境にないときは、除菌用のシートで足をふき取るだけでも効果があります。白癬菌が付着したすぐあとであれば、まだ皮膚表面に白癬菌がいますので、除菌用シートでも菌を除去することが出来ます。それから白癬菌は高温多湿の環境を好みますから、通気性の良い靴下や靴を履くのもおすすめです。最近では5本指ソックスが登場していますが、5本指ソックスも足が蒸れにくいので、水虫になりにくいですよ。