HOME > 水虫の臭いは何故起こる?

水虫の臭いは何故起こる?

水虫のイメージとして納豆のような足の臭い、足が臭いと「水虫じゃないの?」と冗談まじりで言う人もいます。
一般的に水虫にかかった足は臭いと思われるようですが、実は水虫自体に臭いは無いのです。

でも水虫の人の足は実際に臭いものです。
この臭いの原因は一体何なんでしょうか。

水虫の足の臭いを考える前に体臭について考えてみたいと思います。
汗をたっぷり吸ったTシャツは独特な酸っぱい臭い、不快なにおいがしますよね。

でも汗自体は無臭です。
汗をかいた直後の皮膚の臭いを嗅いでも特段気になる臭いもしませんよね。

では何故汗を吸ったTシャツは臭いのでしょう。
これには私たちの皮膚に存在する常在菌が関係しています。

常在菌は私たちの汗や皮脂を食べて繁殖しています。
普段は無臭なのですが、繁殖するときに強烈な臭いを発生させるので、汗をかくと匂うわけです。

実はこれが体臭の原因であり、水虫の時に発せられる臭いも例外ではありません。
では常在菌がいなくなれば臭いもなくなるのかといえば、常在菌は完全に除去することは不可能といえます。

それに常在菌は悪いことばかりしているわけではなく、細菌やウィルスから私たちを守ってくれるボディガードでもあります。
ですから常在菌がいなくなると、私たちはいろんな病気にかかりやすくなってしまうでしょう。

でも常在菌の働きは理解できたとして、臭いを発生させてしまうのは少し困りますね。
なお水虫の人の足が匂うのも同じメカニズムです。

水虫にかかった人の足は菌が繁殖しやすい環境になっています。
元々足は汗をかきやすい場所でもあり、普段から靴を履くのでどうしても蒸れ易く、高温多湿の環境になりやすいのです。

それに加えて水虫になると炎症を起こして皮膚の角質が剥がれたり、リンパ液が滲出しているため、菌のエサが豊富な状態です。
それに水虫の原因である白癬菌は皮膚の角質が大好物なので、水虫にかかると皮膚がボロボロに剥がれていきます。

ボロボロになった皮膚はバリア機能も正常に働かないので、他の雑菌も侵入し、繁殖させやすいのです。
こうして水虫の人の足で菌が繁殖すると、強烈なにおいを発生させるというわけです。

水虫の強烈なにおいは周りにいる人間を不快にするものですが、恐ろしいことに本人は意外と気づかないものです。
人間の脳は慣れてしまうので、常に臭いを発生していると自分でも気づかなくなるのです。

自分はその気がないのに、周りの人間に迷惑をかけている、考えただけでも恐ろしいですね。
水虫の臭いをなんとかしたいものですが、それには水虫を治すしかありません。

治療には数か月かかるでしょうが、水虫を治さないと臭いは完全にはなくならないのです。
なお完治するまでに時間はかかりますが、治るまでの間の臭いを多少抑えることは出来ます。

臭いを抑えるには菌が繁殖しにくい環境を作ってあげれば良いのです。
ですから薬剤を使用したり、通気性を良くすることで菌も繁殖しにくくなるでしょう。

なお水虫には玉ねぎが良いのをご存じですか。
玉ねぎの殺菌効果についてはこちらをご覧ください。