HOME > 水虫が治るまでの期間

水虫が治るまでの期間

水虫もウィルス性の感染症です。
通常の風邪であれば数日、長くても1週間程で治りますが、水虫の治療期間はもう少し長くなります。

というのも水虫の原因である白癬菌というカビは繁殖力が強く絶滅させることが難しいため、薬を使っても完治するのには時間がかかるのです。
薬を使って治療しても最低でも1ヶ月から3か月はかかると思っておいた方が良いでしょう。

水虫になりたてで、皮膚の代謝や免疫力がまだ正常であれば1ヶ月程度で完治することもあります。
しかしある程度侵攻していると、1ヶ月で治療するのは難しいかもしれません。

それに一見痒みも収まり、見た目は治ったように見えても、白癬菌が少しでも残っていれば症状は再発します。
ですから水虫を完全に治すには根気のいる治療が必要なのです。

通常代謝機能が元に戻るまで2,3か月はかかると言われますから、皮膚が完全に綺麗になり、代謝が良好になるまで薬の処方は続けてください。
万が一2,3か月過ぎても症状の改善が見られないようであれば、薬が合っていない可能性もあるので、医師に相談するなどして薬を変えるなどの対策も必要です。

また部屋などの生活スペースや衣服、靴など身に付けるものも清潔にしておくことで治療期間が短くなることもあるでしょう。
一度水虫に感染すると、白癬菌の付着した角質(垢)が部屋などに落下してしまいますから、掃除や換気をすることで白癬菌を完全に除去しなければなりません。

また革靴やブーツなど蒸れ易い靴をなるべく履かないことも、水虫を早期で治すためには有効といえます。水虫は夏場に症状が出やすいですが、秋冬になると痒みも収まることがあります。
秋冬は白癬菌の繁殖力が低下するので、症状が和らぐようですが、治ったと勘違いして治療を中断してはいけません。

逆にこの時期に白癬菌を完全に除去できれば、水虫は完治しますので、治療を根気強く続けるようにしてください。