HOME > 頭部も水虫になる

頭部も水虫になる

意外と知られていませんが、水虫は頭部にも出来ることがあります。
水虫は患部によって名称が異なりますが、頭に出来た水虫を別名シラクモと言ったりします。

シラクモは頭部白癬とも呼ばれ、原因は他の部位の水虫と同様白癬菌というカビが皮膚に付着することで発症するものです。
頭部は毛髪がある他汗や皮脂が出やすい箇所であり、帽子やヘルメットなどを普段から被っている人は頭部が蒸れ易く、水虫にかかりやすいといえます。

仕事柄ヘルメットを常用する方や、スポーツをしていて熱中症対策に帽子を被るのは仕方ありません。
しかし仕事やスポーツをしていないとき、休憩中などはなるべくヘルメットや帽子を取り、清潔なタオルで汗や皮脂をぬぐうなどして、頭部を清潔な状態に保つことが重要です。

実は頭部の水虫は大人よりも子どもが発症することが多く、特に短髪の男の子などは頭皮に白癬菌が付着しやすいので、シラクモにかかりやすいようです。
ペットを飼っている人は、ペットから感染することもあるので注意してください。

シラクモにかかると、頭皮の痒みや炎症を引き起こし、フケや落屑も多量に出ることもあります。
また患部周辺の抜け毛を引き起こしますし、周りの人に感染する恐れもあります。

まずは頭部の水虫にならないように洗髪をする、こまめに汗や皮脂、汚れをふき取ることが大切になります。
万が一感染してしまったら、早めに皮膚科に受診するなどして、薬を処方してもらいましょう。

病院を受診すると頭部に白癬菌がいるかどうかをチェックすることになりますが、もしシラクモであれば間違いなく白癬菌が存在することでしょう。
基本的には塗り薬や内服薬を処方されることになると思いますが、早期発見、早期治療を施すことで症状の悪化や感染の拡大を防ぐことが出来ます。

比較的軽度の水虫であれば抗真菌作用のある薬剤やシャンプーで治療することも可能です。
症状がひどい場合は飲み薬なども併用することになりますが、焦らず慎重に治療に取り組みましょう。